logo
 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.989 6月22日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【特集】ごくウマ3選
「ピクニック・メニュー」のレシピ
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら
cook 20170203 1

ヨーロッパではスープの具材としてマッシュルームは大人気。でも日本には松茸から始まってしいたけ、舞茸、えのき、しめじ、エリンギ、なめこなどなど美味しいきのこが沢山あるのでどうもこのマッシュルームは分が悪い。生でも食べられるこのマッシュルームですが火を入れるとより美味しい。ところがさらにしっかり火を入れていくと中からどんどんうま味成分が出てきます。いわゆるグアニル酸というきのこ類に多く含まれるうま味成分ですね。ちょっとのバターでじっくり痛めつけるように10分近く炒めます。途中できのこが「きゅーっ」と苦しそうに泣いたりします。これ本当の話。痛む心を鬼にしてさらに炒めていくときのこの旨味が凝縮します。ここで一気にお湯を注いでうま味をスープに閉じ込めます。味見してみるとほぼ立派なマッシュルームスープが完成しています。このまま飲んじゃおうっかなという誘惑にかられます。しかしその誘惑の手をふりほどいて男は行くのである。カサブランカでありシェーンでありゴルゴ13である。そして味噌投入。もうしっかりスープが出来上がっているので味噌はいつもより少な目で十分。さらっとしたなめこのみそ汁のような滋味深いスープが完成します。お楽しみください。

大満足!マッシュルームたっぷりのお味噌汁

cookbuzz編集部

 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.989 6月22日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【特集】ごくウマ3選
「ピクニック・メニュー」のレシピ
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら
写真で旅するロンドン @journey.london


2017年 06月 22日

2017年 06月 23日

2017年 06月 21日

2017年 05月 26日