logo
 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.989 6月22日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【特集】ごくウマ3選
「ピクニック・メニュー」のレシピ
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら

ちょっとした和食の店なら必ずと言ってもいいほど置いてあるブリ大根。ブリはイナダ、ワラサ、ハマチなど名前が変わる出世魚として有名ですが美味しいですよね。基本、冬の魚なので今が旬。そしてブリ大根。ああ、コラーゲン食べてお肌ツルツルになりたい!。ところでブリ大根って主役はブリの旨味とコラーゲンをたっぷり吸った大根なんですよね。とっても通な考え方。とっても通だし、通な人に怒られそうだけど私にとってはやっぱりブリが主役。だって美味しいんだもの。イギリスでもイエローテールと言う名前でブリの親戚みたいな魚が手に入るようですが、普通のスーパーではほぼ見かけません。どこにいるの? 最近テスコあたりでも細身の大根が手に入るようになりましたね。大根だ。冬だ。ブリ大根食べたい! しかしブリがない! ということでなけりゃないで何とかするのがクックバズ。ブリのピンチヒッターはやっぱりサーモンでしょ。なんせ日本のシャケと違ってノルウエー辺りで獲れるサーモンは脂がコッテリ乗っている。これを使わない手はありません。ということで早速サーモンフィレと大根を仕入れてきて作ってみました。大根は火が入りづらいのでこれだけ先に煮ておきます。美味しいサーモン大根をゲットするには軽く1時間も煮込まなくてはなりませんがその価値ありあり! とっても美味しくいただけます。よろしかったらぜひお試しください。

「ブリじゃなくてシャケ大根」

cookbuzz編集部

 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.989 6月22日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【特集】ごくウマ3選
「ピクニック・メニュー」のレシピ
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら
写真で旅するロンドン @journey.london


2017年 06月 22日

2017年 06月 23日

2017年 06月 21日

2017年 05月 26日