logo
 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.993 7月20日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【ホリデー特集】夏に行きたいパブ13選
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら

最近動画撮影でラーメンシリーズをやっているのですが、そこで見栄えをよくするために白髪ねぎなるものが必要となります。白髪ねぎとは長ネギの白い部分を繊維に沿って細~く千切りにしたものなんですが、これをこっちのぶっといリークでやろうとするとなかなか大変。というのもリーク、なかなか面の皮が厚くて千切りに結構苦労します。野菜を一気に千切りにできるガジェットってないのかしらと思ってアマゾンでleek, cutter, shred などの単語を入れて検索してみたらあ~ら、ちゃんとあるじゃないですか。「shredder cutter simple onion leeks vegetable cutting」って何やらそれっぽい単語を並べただけのようなタイトル。カッターの刃が5,6本並んだだけのような実にシンプルな構造。お値段も£5.49とまあ、高いんだか安いんだか分からない。ということで購入してみたのですが、一週間たっても届かない。そのうちオーダーしたことすらすっかり忘れてしまいました。ところが今日突然、グレーのビニール封筒が到着。ああそういえばオーダーしたっけなと思いつつ開封。商品にはネギカッター「ねぎサッサ」と書かれている。ラーメン、中華料理、お吸い物などに、とも書かれている。白髪ネギが手軽に作れます、とも書かれている。いやー。イギリスも長くなったなー。まるで日本語のようにすらすら読めるぞ!って、それもそのはず日本語だ。なんだ届いたのは日本の商品でした(中国製)。これはいわゆる100均で売られているものか?と思って日本のアマゾンでも調べてみたら日本では¥405で売られているもの。405円なら£5.49は妥当か。てなこってアマゾンUKで発見したねぎカッターは日本から届きました。なんだかなー。何となく納得いかないから早速リーク一本切り刻んで白髪ネギにしてやりました。ストレスは発散できたけど、山のように出来ちゃったこの白髪ネギ。どやって食べましょね。











cookbuzz編集部

 

 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.993 7月20日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【ホリデー特集】夏に行きたいパブ13選
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら
無敵艦隊、壊滅への道

超大国スペインと弱小国イングランドの
『激突までの道のり(前編)』 『激突の瞬間(後編)』

写真で旅するロンドン @journey.london


Error: No articles to display

2017年 07月 20日

2017年 07月 21日

2017年 07月 19日

2017年 06月 30日