logo
 
Days LONDON 写真が語る「変わったロンドン、変わらぬロンドン」

Days LONDON

約100年前に撮影されたロンドンの街並みと、現在の風景を写真で比較。
ディケンズや夏目漱石が見た景色が、どうのように変化したのか(あるいは当時のまま変化していないのか)を紹介します。

Vol.35

Buckingham Palace1913

Aldgate - 2016 -

2017

1837年のヴィクトリア女王即位以降、代々の英国君主たちが暮らしているバッキンガム宮殿。バッキンガムとは、イングランド南東部バッキンガムシャーにある最古の町の名前で、アングロ・サクソン人の族長ブッカ(Bucca)に由来する。「Ham」は古英語で住居や村を表し、「Buckingham」は「ブッカの村」という意味。この町名にちなみ、15世紀にバッキンガム公爵位が創設された。18世紀には王女を妻に迎えることになった当時のバッキンガム公が、ロンドンに新居「バッキンガム・ハウス」を建設。これが現在の同宮殿の前身である。 増改築を何度も繰り返しており、もっとも近年に大改修が行われたのは1913年(写真上)。蒸気機関車や工場、家の暖炉などから吐き出される石炭の煙により、宮殿の壁が黒々と煤けてしまったため、国王一家が夏の休暇でスコットランドに滞在している期間に修復された。
Supported by London Metropolitan Archives
ロンドン・メトロポリタン・アーカイブズは、シティ・オブ・ロンドン・コーポレーション(自治体)が管理・運営する、歴史資料センターです。ロンドンに関する貴重な史料やデジタル画像のほか、イベント情報などを無料で検索・閲覧することができます。
公式ウェブサイト: www.cityoflondon.gov.uk/lma
画像検索サイト : http://collage.cityoflondon.gov.uk
 

2017年 04月 20日

2017年 04月 21日

2017年 04月 19日

2017年 04月 04日