logo
 
2014年7月10日

 

ご当地ワインと郷土料理&名産物④フランス南部 その4

若きワイン栽培者や醸造者が登場

今回も、ラングドック=ルシヨン地方Languedoc-Roussillonについて、さらなる情報をお届けすることにしたい。同地方のブドウ栽培の歴史は、ボルドーやブルゴーニュより古いとはいうものの、そのワインへの需要が始まったのは、同地方以北のブドウ栽培地を襲った天災のためにブドウの不作、そしてワイン不足の年が繰り返された17世紀からだった。恵まれた気候の中で育くまれた豊潤な南仏のワインは歓迎され、1858年にパリと鉄道で結ばれたことにより、需要供給が大きな高まりを見せた。しかし、この結果、ラングドック=ルシヨン地方では質より量を重んじるワイン造りが推奨され、1960年代まで、『安ワインの巨大供給地』としての道を歩んだのだった。ところが、ライフスタイルの変化に伴い、健康が重視されるようになって、ワインでも量より質が評価されるようになる。政府および地方の政策のもと、カリフォルニアやオーストラリアから新技術が導入され、地元モンペリエ大学卒の志の高い若きブドウ栽培者やワイン醸造者が登場。それまで植えられていたアラモンAramon種やアリカンテ・ブーシェAlicante Bouschet種は、高品質ワインを造ることのできるブドウ品種に植え替えられ、丘陵斜面の痩せた土地に栽培地が築かれるに至って、そのアイデンティティに変化が起きたのだった。

『しわ』が寄ったような地形の産地

フランスとスペインを隔てる北部ピレネー山脈は、約9000万年前~6600万年前に生じた地殻変動とプレートの内圧上昇によって、上に押し上げられて造られた。その造山運動で押し上げられた巨大な岩石群が山腹から滑り落ちて砕け、ラングドック=ルシヨン内陸のムトゥメ山塊やコルビエール高地を形成したとされている。そして、その後の造山活動が海沿いの平野に沿って、地層を、今度は北に向かって大きな津波のように押し込み、『しわ』が寄ったような丘陵地帯を造った。このおかげで、ラングドック=ルシヨンは、海沿いの平野から丘陵地帯、そして内陸の険しい山塊地帯や高地と多様な地勢を有することになり、ワインの品質や個性にも幅が出た。例えば、平野地帯のブドウ栽培地は暖かく、1ヘクタール当たり9トンほどのブドウが収穫されるのに対し、山岳地帯は冷涼で、収穫も1ヘクタール当たり3トンにも及ばないところもあるが、前者ではテーブル・ワインやヴァン・ドゥ・ペイ(地理的表示上質ワイン)といった安価~中程度の価格帯のワインが、後者では原産地呼称上質ワインなどの中程度~高価なワインが造られている。

土鍋で供される郷土料理と好相性の赤ワイン


© BrokenSphere / Wikimedia Commons
先月号でご紹介したカルカソンヌCarcassonneの町は、内陸の険しい地勢のふもとに位置しており、その周辺には中央山塊斜面に築かれたミネルヴォワMinervois、山と谷からなり、地形の起伏の激しいコルビエールCorbièresといった原産地呼称上質ワインの産地が点在する。山岳地帯の中のわずかな土地にブドウ畑が築かれているコルビエールのワインは(ごく日常的なものを除く)、山と海から吹き荒れる風の影響と温度差の大きさを受けて、ミネルヴォワのワインより野生味に富むものとなっている。なお、両栽培地では白ワインも少量ながら造られるものの、ほとんどは赤ワインで、主にグルナッシュGrenache種、シラーSyrah種、ムールヴェードルMourvedre種、カリニャンCarignan種などをブレンドして造られる。通常、果実風味豊かで、ラズベリー、ブラックチェリー、カシス、黒胡椒、煙、獣鳥類、ハーブ類の香味が強い、口当たりのなめらかなワインである。
これらのワインはグリルした赤い肉類とよく合うが、カルカソンヌを代表する郷土料理、カスレCassoulet=写真=とは絶好の相性。これは、英仏百年戦争の頃、戦火にあえぐ村人たちが、あるだけの食材を土鍋に入れて煮込んで兵士にふるまったのが始まりと言われている、この地方の伝統料理。カルカソンヌのカスレの場合、白インゲン、豚肉、塩漬け羊肉などが使われ、カソールCassoleと呼ばれる独特の土鍋で供される。

ミヨコ・スティーブンソン Miyoko Stevenson
WSETディプロマ取得。Circle of Wine Writers会員。Chevalier du Tastevin(利き酒騎士)団員。Jurade de St-Emilion団員。International Wine Challenge審査員。The Guild of Freemen of the City of London会員。ワイン関連の訳書・著書あり。現在、ロンドンでワイン教室を主宰。
www.miyokostevenson.co.uk
e-mail : 
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

2017年 04月 20日

2017年 04月 21日

2017年 04月 26日

2017年 04月 01日