logo
 
2015年2月12日

 

ご当地ワインと郷土料理&名産物⑧ノルマンディー その1

 

様々なワイン産地を従える フランス最長の川

先月号(1月15日号)ではブルターニュ地方についてお届けしたが、今号ではロワール川流域、そしてやや北よりのノルマンディー地方についてお送りすることにしたい。 フランス土着のカキに合うワインとして、先月号にてご紹介した辛口白ワインのミュスカデMuscadetの産地は、ロワール川流域ワイン産地に属す。ロワール川はフランスで最長の川(全長約1,000キロ)で、そのうち、大西洋に流れ込むまでの600キロがワイン産地となっている。海側からナント地域、アンジュー=ソミュール地域、トゥーレーヌ地域、サントル地域の4地域に区切られている。ミュスカデのワインは、ナント地域でムロン・ドゥ・ブルゴーニュMelon de Bourgogne種から造られるライト=ボディの辛口白ワインだ。 その隣、アンジュー=ソミュール地域ではシュナン・ブランChenin Blanc種からソミュールSaumur、アンジューAnjou、サヴニエールSavennièresといった酸味が爽やかで柑橘類の風味をもつ辛口白ワインを産出。また、トゥーレーヌ地域のヴーヴレVouvrayでもシュナン・ブラン種から果実香味が凝縮された、非発泡性および発泡性の白ワイン(辛口~極甘口)を造っている。 さらに最も内陸のサントル地域にある、サンセールSancerreやプイイ・フュメPouilly Fuméで知られる地区では、ソーヴィニョン・ブランSauvignon Blanc種から西洋スグリやミネラル風味が特徴の上質な辛口白ワインを生みだしている。 一方、赤ワインも忘れてはならない。トゥーレーヌ地域のシノンChinonでカベルネ・フランCabernet Franc種からボディのしっかりしたワイン、そしてサンセール地区ではピノ・ノワールPinot Noir種からラズベリー風味を呈す赤やロゼワインが生産されている。  

ロワール産の白と 好相性の料理たち

ロワール川流域のワイン産地は、ボルドーより緯度にして2.5度ほど北に位置することから涼しく、白ワインの生産量が赤ワインのそれを上回る。造られるワインについては、デリケートで、ボディが軽く、酸味が際立っているものが多いために、海の幸のほか、油の多いポークやダックといった肉類によく合う。ミュスカデと生ガキの相性がすばらしいことは既に書いたが、軽めのシノン+ダックのコンフィ(Confit de Canard)、シノン古酒+アニョー・ドゥ・プレ=サレ(Agneau de pré-salé=英語では「salt meadow lamb」、次項の説明参照)、サーモン+サンセールなどは、代表的なマリアージュ(組み合わせ)と言える。

ヒツジとオムレツを堪能


© ugo3ugo32001

© JakobVoss

さて、このロワール川の河口から車で2時間北上すると、先月号でも触れたフランス土着産カキの生産地カンカルCancalに行き着く。そこからさらに、サン・マロ湾沿岸を40~50分、東進するとユネスコ世界遺産の荘厳なモン・サン・ミッシェル=写真=で名高いサン・マロ湾に至る。モン・サン・ミッシェルは、圧倒されるほどの威容を誇るゴシック調の修道院がそそり立つ小島。潮の干満によって劇的な変化を見せる、このサン・マロ湾一帯は古くから聖地とみなされてきた。 時代を追うごとに陸地化が進み、沿岸は広大な湿地草原帯となっている。葉緑素とミネラルを豊富に含んだ牧草に覆われた、この湿地帯で放牧され育ったヒツジが、アニョー・ドゥ・プレ=サレと呼ばれ、栄養豊富であるだけでなく、独特の風味を持つ美味なる肉として同地方の名物となっている。  さて、島に入るとすぐ目につくのがラ・メール・プラール(La Mère Poulard)の赤い看板=写真上。日本でも丸の内、横浜みらいなどに支店を展開する、1888年創業の老舗だ。もともと、モン・サン・ミッシェルを訪れる巡礼者のために、宿屋を開業したことから始まったとされている。同店のオムレツもまたモン・サン・ミッシェルの名物で、前菜としてもメインとしても注文できる。このオムレツには、シュナン・ブラン種(その他の地元品種を使うこともある)から造られるクレマン・ドゥ・ロワールCréman de Loireと洒落てみたい。

ミヨコ・スティーブンソン Miyoko Stevenson
WSETディプロマ取得。Circle of Wine Writers会員。Chevalier du Tastevin(利き酒騎士)団員。Jurade de St-Emilion団員。International Wine Challenge審査員。The Guild of Freemen of the City of London会員。ワイン関連の訳書・著書あり。現在、ロンドンでワイン教室を主宰。
www.miyokostevenson.co.uk
e-mail : 
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.981 4月27日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら

2017年 04月 27日

2017年 04月 28日

2017年 04月 26日

2017年 04月 27日