logo
 
2016年4月14日

 

ご当地ワインと郷土料理&名産物⑮イタリア産スパークリング・ワイン その1

春から夏にかけてのお楽しみ

 

英国では、3月は「comes in like a lion, goes out like a lamb.(獅子のごとく荒々しく訪れ、羊のように穏やかに去る)」、あるいは逆に「comes in like a lamb, goes out like a lion.(羊のように訪れ、獅子のごとく去る)」などと言われるが、今年の3月は獅子のように訪れ、獅子のように去ったという印象の天候だった。とはいえ、4月に入り、目にする花が増え、葉が萌え始めたのを認めるにつけ、本格的な春の訪れを感じる今日この頃。暖かくなると、おいしくなるのはシャンパーニュを筆頭とするスパークリング・ワインだろう。
イタリアにはプロセッコProseccoをはじめ、アスティAsti、ランブルスコLambrusco、フランチャコルタFranciacorta、トレントTrentoと美味しいスパークリング・ワイン(発泡性ワインとも呼ぶ)がある。これらのイタリアのスパークリング・ワインについて、あらためてご説明しよう。

プロセッコ村で誕生したワイン

 

まずプロセッコからご紹介したい。文句なく、最も有名なイタリア産スパークリング・ワインといえるプロセッコは、スロヴェニアとの国境に位置するトリエステTriesteの近くにあるプロセッコ村にちなんで名付けられた。
2009年までプロセッコを造る白ブドウ品種名をプロセッコと呼んでいたのだが、亜種が多く、イタリアの至る所で栽培されているため、「プロセッコ」というワインが他の地域でも造られるという誤解を防ぎ、プロセッコとラベル表記できる生産地を保護する目的で、プロセッコ種をグレラGlera種と呼ぶことに決め、2010年からはプロセッコとはプロセッコ指定生産地のみで造られるワインの名称であると明確化されるに至った。

 

カクテル・ベースとしても大活躍

 

プロセッコは主にグレラ種から造られるが、規定では他の指定品種を15%まで使うことが許可されている。また、プロセッコにはProsecco DOC(プロセッコ統制名称ワイン)とProsecco Superiore DOCG(プロセッコ・スペリオーレ保証付き統制名称ワイン)の2つのレベルがある。
前者にはスプマンテSpumante(発泡性ワイン)、フリッツァンテFrizzante(弱発泡性ワイン)、トランクィッロTranquillo(非発泡性ワイン)があり、ヴェネト州(ベニスが州都)とその東隣のフリウリ=ヴェネツィア=ジュリア州で造られている。後者はヴェネト州内の東に位置するコネリアーノConeglianoとヴェルドビッアデネValdobbiadeneの2つの町に挟まれた丘陵地帯の斜面で造られる、上質発泡性ワイン。どちらも白い花の香を伴うフルーティーでさわやかな風味のフレッシュなワインだが、後者は香味がより凝縮されており、コクもあるので、アペリティフのみならず食事に供するのもお薦め。ほとんどのワインはラベルに「Extra Dry(残留糖分:12~17g/リットル)と明記されるが、それよりも辛口の場合は「Brut(残留糖分12g/リットル以下)」、半甘口だと「Dry(残留糖分17~32g/リットル)」と明記される。
さて、プロセッコはカクテルのベースに使われることも多い。白桃シロップを加えて作る「ベリーニBellini」(*)=写真=はあまりにも有名だが、ヴォッカとレモン・ソルベを使って作る「スグロッピーノSgroppino」も夏を彩るさわやかなカクテル。ただ、上質のプロセッコはあくまでもそのままで楽しんでいただきたい。
*ヴェネツィアのハリーズ・バー(Harry's Bar)で当時のオーナー、ジュゼッペ・チプリアーニ(Giuseppe Cipriani)が、1948年、ルネサンス期に活躍した画家、ジョヴァンニ・ベリーニ(Giovanni Bellini)の展覧会が開かれた際に作ったのが始まりといわれるカクテル。美しいピンク色は、ベリーニの描いた、古代ローマ人のトーガ(ゆるやかな外衣)の色をイメージしたものと言われる。

 

 

ミヨコ・スティーブンソン Miyoko Stevenson
WSETディプロマ取得。Circle of Wine Writers会員。Chevalier du Tastevin(利き酒騎士)団員。Jurade de St-Emilion団員。International Wine Challenge審査員。The Guild of Freemen of the City of London会員。ワイン関連の訳書・著書あり。現在、ロンドンでワイン教室を主宰。
www.miyokostevenson.co.uk
e-mail : 
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

 

 

 

2017年 03月 23日

2017年 03月 17日

2017年 03月 22日

2017年 03月 01日