logo
 
2016年8月11日

 

ご当地ワインと郷土料理&名産物⑯ヴェネト州 その2

イタリアでのワイン生産量のトップをほぼ維持

 

冷やしてよし、熱くしてよし、前菜として、またはメインでといろいろに楽しめるパスタだが、どのパスタ料理にも合うオールマイティの赤ワインがある。ヴェニスを州都とするヴェネト州、ガルダ湖周辺に位置する、石灰岩と花崗岩質土壌の美しい丘陵地帯で造られるヴァルポリチェッラValpolicellaだ。ヴェネト州はイタリアで8番目に広い州だが、ワイン生産量は1位になることが多く、先月号で紹介したソアーヴェをはじめ、人気の高いワインが生産されていることで知られる。山岳部が約30%、丘陵地帯が約14.5%で、平野部が多く、ロンバルディア州との境に位置するガルダ湖からの暖かい風とアルプス山脈からの冷たい風、そして雪解け水の恵みによってブドウ栽培に適した環境となっている。

イタリア第2の赤ワインと再発酵して造るワイン

ヴァルポリチェッラのワインには4種類ある。すべて主にコルヴィーナ・ヴェロネーズCorvina Veronese種から造られているが、それぞれワインのスタイルがかなり異なる。まず、ヴァルポリチェッラValpolicella DOC。これは、キャンティに次ぐイタリア第2の重要なDOC赤ワインで、明るいルビー色をしており、爽やかな酸味と軽いタンニンをもち、軽やかで、チェリーやラズベリーの果実香味を呈すフルーティーな早期消費用辛口ワインだ。野菜を使ったパスタサラダ、温かいスパゲティ、ピザ、リゾット、チキン料理によく合う。また、魚介類との相性も良く、その場合にはパスタサラダ用同様、少し冷やしてからサーブするとさらに互いをひきたてあう。 
次に、ヴァルポリチェッラ・リパッソValpolicella Ripasso DOC。これは出来あがったヴァルポリチェッラのワインに、後述するレチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラRecioto della Valpolicellaやアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラAmarone della Valpolicellaの生産時に使われたブドウの搾りかすを入れて再発酵させて造られる。リパッソとは英語の「repeat」と同じ意味。ボディも味わいもヴァルポリチェッラ・クラッシコValpolicella Classicoよりさらに凝縮されたフル・ボディのワインで、肉を使った地元の煮込み料理によく合う。

 

陰干しブドウで造られるワイン

残りの2種、すなわちレチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラDOCGとアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラDOCGは、どちらも陰干ししたブドウで造られる(房のまま収獲したブドウに大型扇風機からの風をあて、乾燥させている所もある)。発酵の過程で酵母を除き、ワイン中に糖分を残して造られる甘口ワインがレチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラで、発酵を完了させ、ワイン中に甘味を残さないように造るのがアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ。乾燥させたブドウは水分を失い糖分が非常に高いので、辛口として造られるアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラのアルコール度数は高い。タンニンが多く、非常に複雑な味わいのフル・ボディのワインで、アルコール度数はイタリア産ワインの中でも最も強い部類に入る。レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラもアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラも深み、複雑さでは群を抜いており、官能的で偉大なワインといえる。
レチョートは伝統的にはカントゥッチcantucci(アーモンド・クッキー)、スブリゾローナ sbrisolona(地元のケーキ)といったドライ・デザートや、ゴルゴンゾーラGorgonzolaに代表されるソフト・チーズと合わせて飲む。一方、アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラは、ビーフやラムのシチューといった重い肉料理、パルミジャーノ・レッジャーノParmigiano Reggiano、モンテ・ヴェロネーズ・ウブリアーコMonte Veronese Ubriaco、ペコリーノ・ヴェッキオPecorino Vecchio=写真(2点とも)=などのハード・チーズと好相性だ。
なお、ここに挙げた4種類のワインが上質の畑から造られる際には、ワイン名の後にClassicoと表示され、その場合にはさらに風味が凝縮された複雑なワインとして楽しめることを意味する。

 

 

ミヨコ・スティーブンソン Miyoko Stevenson
WSETディプロマ取得。Circle of Wine Writers会員。Chevalier du Tastevin(利き酒騎士)団員。Jurade de St-Emilion団員。International Wine Challenge審査員。The Guild of Freemen of the City of London会員。ワイン関連の訳書・著書あり。現在、ロンドンでワイン教室を主宰。
www.miyokostevenson.co.uk
e-mail : 
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

 

 

 

2017年 03月 23日

2017年 03月 17日

2017年 03月 22日

2017年 03月 01日