logo
 
2010年7月22日 No.635

取材・執筆/佐々木敦子・本誌編集部

東西の融合をめざした美の旅人
バーナード・リーチ(前編)

明治末期の東京を訪れ、陶芸の魅力に取り憑かれた英国人、バーナード・リーチ(1887 - 1979)。大正時代には白樺派とも交わり、柳宗悦による民芸運動の発展にも大きく貢献した。日本では「親日派」「日本の陶芸を西洋に広めた人物」として語られることの多いリーチだが、故郷英国に戻った彼が、そこで目指したものは何だったのか。自己の確立に悩んでいた若者リーチが、数十年の旅路の果てに辿り着いたイングランド南西端の町セント・アイヴズ。自らの製陶所「リーチ・ポタリー」を開き、やがて独自の思想を生みだすに至る、バーナード・リーチの生涯を辿ってみたい。

参考文献:『Bernard Leach Life & Work』 Emmanuel Cooper著(Yale University Press)、『バーナード・リーチの生涯と芸術 「東と西の結婚」のヴィジョン』鈴木禎宏著(ミネルヴァ書房)、『浜田庄司  窯にまかせて』濱田庄司著(日本図書センター)、『バーナード・リーチ展 Bernard Leach - Potter and Artist』 (1997年展覧会カタログ)Special Thanks to: Leach Pottery, Tate St Ives
 

 

 「To Leach or not to Leach」―― スタジオ・ポタリーの父と呼ばれ、それまでの英国における陶芸の意識を大きく変えたバーナード・リーチ。だが英国には、東洋の陶芸から強烈な影響を受けているリーチの姿勢や作品に対し、拒否反応を示す陶芸家も少なくなかったという。しかし、冒頭の「リーチか、否か」というフレーズは、英国の陶芸家にとってリーチがどれほど大きな存在であるかを示しているともいえよう。
日本から戻ったリーチがイングランド南西部コーンウォールのセント・アイヴズに窯を開いて、2010年でちょうど90年を迎えた。社会の中における工芸の位置や、陶芸家のあるべき姿勢を常に考えていたリーチ。東西の文化の自然な融合を目指したリーチが蒔いた種は、21世紀の今も、確実に育っているのではないだろうか。
バーナード・ハウェル・リーチ(Bernard Howell Leach)は、ヴィクトリア女王の即位五十周年に沸く大英帝国下の香港で、1887年の1月5日に生まれた。当時の英国は世界各地に植民地を所持し、リーチ家の人々の多くは政府関係者、あるいは法律家として、東アジアの植民地各地で活躍していた。リーチの父親アンドリューもオックスフォード大学を卒業した後、香港で弁護士として働いていたが、妻がリーチを出産直後に死亡。そのため幼いリーチは、日本で英語教師をしていた母方の祖父母に預けられることになる。4歳まで京都の祖父母のもとで育ったリーチは、その頃の日本を「桶の中で泳ぐ大きな魚、桜の花、タクアンの味…」という五感に密着した断片で記憶している。やがて父親のアンドリューが再婚。リーチは父と新しい母親に合流して再び香港で暮らし始める。父の再婚相手はリーチの亡き母の従妹にあたるが、リーチはこの継母に馴染むことができず、2人のギクシャクした関係は彼が成長してからも続く。代わりに幼いリーチが慕ったのは、アイルランド人と中国人のハーフの乳母だったという。リーチは生涯を通じ、顔を見ることのなかった実母の面影を追い続け、これは成人してからのリーチの私生活にも大きな影響を与えることになる。
やがて父親アンドリューの仕事の関係で、一家は香港からシンガポールへと移る。幼い時期に香港―日本―香港―シンガポールと、めまぐるしく引越を繰り返したリーチだが、初めて英国の地に降り立った時、リーチは10歳になっていた。
 

◆◆◆ 「中国人」と呼ばれた少年時代 ◆◆◆

 


 1987年、リーチが10歳で両親から離れ、ひとり英国に向かったのは、本国で高等教育を受けさせたいという父親の意向があったためだ。彼はウィンザーにあるイエズス会の寄宿学校ボーモント・ジェジュイット・カレッジに入学するが、ここでのリーチのあだ名は「Chink」。日本人でいう「Jap」に等しい中国人の蔑称である。これは、リーチが東洋で暮らしてきたことからついたあだ名であったが、海外暮らしが長いリーチと、海外の異文化のことなど何も知らずに、ヴィクトリア朝末期の大英帝国の繁栄の中に育つ生徒たちの間に、どんな不協和音が流れたかは想像するに難くない。さらに、1人っ子で引っ込み思案、しかも夢想家というキャラクターのリーチは、「Chink」というあだ名の「虐められっ子」だったようだ。
父親のアンドリューがこの学校を選んだのは、リーチに海軍のキャリアを期待してのことだったが、息子の状態を知った継母は、シンガポールから息子に宛てて「将来のことを考えてよく勉強なさい。父上の期待に応えるように。父上の顔に泥を塗るような真似だけはしないで」、さらに「もっと社交的に。もっと積極的に。そしてあまり夢想ばかりしないこと」と書き送っている。家からのプレッシャーと、学校でのイジメ。うんざりしたリーチにできることは、それこそ夢想による現実逃避くらいではなかっただろうか。

日本の工房で作業をするリーチ=写真右。1920年撮影。©Leach Archive
 学校でのリーチの得意科目は美術、クリケット。そして意外にも、演説法を学ぶディベート・クラブにも参加していた。愛読書は当時ヨーロッパで大きな人気を誇っていた美術/社会評論家ジョン・ラスキンの著書。ラスキンはラファエロ前派やウィリアム・モリスのアーツ・アンド・クラフツ運動にも影響を与え、中世のゴシック建築を賛美した人物で、芸術に関しては「自然をありのままに再現すべきだ」という考えを持っていた。その後のリーチの方向を思えば、当時のラスキンの思想はティーンエイジャーのリーチに大きな影響を及ぼしたと考えてもよいだろう。
1903年、卒業間近のリーチのもとに、両親がシンガポールからやって来る。美術とクリケットが得意科目だという我が子の将来を案じた父親だが、リーチが16歳という「大学創設以来」の最年少で、ロンドンのスレード美術学校(The Slade School of Art)に入学するということで、彼の才能に一縷の望みをたくすことにする。リーチはここで多くのアーティストを育てた教師、ヘンリー・トンクスに師事し、厳しいデッサンの勉強を始める。そして南アフリカ出身のクラスメートと共に、ハムステッドで下宿をしながらの学生生活は、リーチに新たな自信と希望をもたらしていく。 ところが順調に見えた日々は、父親の発病によりわずか1年で閉ざされることになる。ガンを宣告されたアンドリューが1人息子の将来を心配し、美術学校を辞めて銀行に勤めるよう言ってきたのだ。リーチはまだ17歳。自分の意志を通すには若すぎた。彼は父親の言いつけを守り、スレードを去る。まるで運命があの手この手を使い、リーチが将来「バーナード・リーチ」となるべき下準備を進めているかのようでもある。
翌年、大きな影響力を持っていた父親アンドリューが死去。しばらく継母と共にボーンマスで生活したリーチだが、どうにも我慢がならなかったようで、銀行員になるための試験勉強と称し、一時的にマンチェスターに住む亡母の妹宅に身を寄せる。そして彼はここで1人の女性と出会うことになる。叔母夫妻の1人娘ミュリエル(Edith Muriel Hoyle)で、リーチは4歳年上のこの従姉と恋に落ちる。近親関係にあるため2人の結婚は反対されるが、リーチは決してあきらめなかった。 

 

 

2017年 03月 23日

2017年 03月 17日

2017年 03月 22日

2017年 03月 01日