logo
 

プリントする

2016年3月3日 No.922

●サバイバー●取材・執筆/本誌編集部

 

 世界初のプログラマー 

バイロンの娘 エイダ・ラヴレス

 
米国防総省が使用するコンピューターのプログラミング言語「エイダ」にその名を残すエイダ・ラヴレス(Augusta Ada King, Countess of Lovelace)は、19世紀に活躍したロマン派の詩人バイロンの娘だ。
科学が著しい発展を遂げた時代に、愛情を満足に受けることが叶わず、父親ゆずりの芸術性と母親ゆずりの数学の才能に引き裂かれたエイダ。
今号では、「世界初のプログラマー」と呼ばれるようになったエイダの苦悶の生涯をたどる。
 

 

2017年 03月 23日

2017年 03月 17日

2017年 03月 22日

2017年 03月 01日