logo
 

めざせ健康美!

セルフリッジズに
Body Studio」 登場!

■年々高まりを見せる健康志向。その対象は、食やフィットネスだけに留まらない。最新ファッションに及ぼす影響も大きく、デザイン性の高いスポーツウェアを発表するブランドが続々登場している。そんな中、独自の視点で流行を発信するロンドンの百貨店「セルフリッジズ」で、今月4日から「健康美」をテーマにしたプロジェクトが始まった。

まずは、メインとなる「Body Studio」(3rd Floor)へと直行! 「快適であること」や「女性の体の美しさを引き立てること」など、「心と体の健康」をテーマに、セルフリッジズがセレクトした150超のブランドによる、スポーツウェアや水着、下着、靴下からナイトウェアまでが一堂に介する。
スポーツウェアのコーナーには、「Adidas byステラ・マッカートニー」「Sweaty Betty」「The Upside」の商品が並び、そのファッション性の高さに目を見張る。女性らしいテキスタイル・デザインのレギンスや、スポーティーな黒のトップスに、ふわっとしたボリュームが特徴的なスカートを合わせたマネキンがポーズをとり、運動着の枠を越えたオシャレを模索する。

▲ヘムズリー姉妹=写真右=によるカフェ「Hemsley + Hemsley café」。 © Matt Writtle 2016

▲水着コーナーには、ビーチ用スピーカーや浮き輪など、海水浴をより楽しむためのグッズもあり。夏が待ち遠しい! © Matt Writtle 2016

▲売り場の各所に置かれた、健康的なイメージのマネキン効果で、物欲も急上昇…! © Matt Writtle 2016

一方、下着コーナーでは、心を元気にしてくれそうなビタミン・カラーのシリーズのほか、セクシーさを前面に出した商品など、充実の品揃えだ。セルフリッジズによると、女性の約8割がサイズの合っていないブラジャーを着けているとされ、今回、特に下着に力を入れる。目玉となるのが、「Fit Studio」(要予約)。およそ1時間かけて、自分専用のアドバイザーとともにプライベートな空間で自分に合った下着を探すことができる。贅沢なお買い物体験となりそう(散財の危険あり!?)。
さらに、「Body Studio」の一角では、人気料理研究家のヘムズリー姉妹による初のカフェを発見。キノアやそば粉など、スーパーフードとされる素材を使った料理の数々がメニューに並んでいた。
このほか、グランド・フロアでは「Body Work」と題し、バイク・エクササイズ・スタジオ「Psycle」(~5月22日)、ヨガ・スタジオ「Yung Club」(5月25日~6月10日)のプログラムを実施。加えて、同階フードホールには「Body Boost」のコーナーが設けられ、健康食品や栄養ドリンクが販売されるなど、「健康美」を引き出すアイディアが目白押しだ。自分の体と向き合ういい機会になること間違いなし。

こうした健康美を求める動きは、米国で特に大きく、スポーツウェアを普段着に取り入れたスタイル「アスレジャー」(運動競技athleticsと余暇leisureを合わせた造語)がセレブリティを中心に流行。運動着はおしゃれに敏感な人にとって、ワードローブの必需品へと昇華している様子。
ごろの運動不足が気になる人や運動が苦手な人も、まずはファッションから入って健康美をめざしてみる!?


(文/本誌編集部 西村千秋)

Selfridges
400 Oxford Street, W1A 1AB
Tel: 0800-123-400 www.selfridges.com

 

2017年 03月 23日

2017年 03月 17日

2017年 03月 22日

2017年 03月 01日