logo
 

ハワイ生まれのヘルシー丼

Poke ポケ

■国際色あふれるロンドンは食文化も豊か。常に新しい食が求められるロンドンのフード・シーンに新風を吹き込んでいるのが、ハワイ生まれの丼料理「Poke(ポケ)」だ。遠く太平洋からロンドンにやってきた、ハワイのソウル・フードを味わってみた。

2016年10月6日 No.953

店員さん一押しの「OAHU」(小)。7.95ポンド。丼の直径は約18センチ、ボウルは浅めでお上品サイズ。

ポケとは、元々はハワイ諸島の先住民の言葉で「切り身」を意味し、現在はマグロをはじめとする生魚の切り身と野菜に醤油ベースなどのソースを和えた料理を指す。それらを丼のベースとなるご飯の上に豪快にのせ、さらに『ふりかけ』をかけた、まさにハワイ版の海鮮丼が、今ロンドンで話題の「Poke」の正体だ。  元来、ハワイでは生魚を塩などで味つけして食べる習慣があり、そこにアジア系の移民から伝わった食材が加えられ、米の上にのせる丼料理に進化。今やハワイ名物として、観光客にも親しまれるようになっている。  『ハワイアン・スシ』とも紹介されるポケ。ヘルシー・フードの代表格としてすっかり定着しているスシのハワイ版とあれば、健康オタクで新しいもの好きのロンドナーにもウケそう。

期待に胸を膨らませて足を運んだのは、レストラン激戦区として注目を浴びるロンドン中心部のフィッツロビア地区にこの夏に登場した「AHI POKÉ」。「AHI(アヒ)」とはハワイ語で「マグロ」を意味し、ハワイで最もポピュラーなマグロのポケから名づけられた。  さわやかな水色が目を引く真新しい店舗は、清潔感あふれる洒落たカフェといった印象。メニューは4種類の丼(5.95ポンド~)のほか、ベースとトッピングを自由に選べるスタイルもあり。ポケ初心者の筆者は、「これが一番人気!」と店員さんが一押しする「OAHU オアフ」(小)をチョイス。マグロ、赤タマネギ、ラディッシュ、ニンジンなどをボウルに手際よくすくっては入れ、ゴマ油と醤油のソースを加えて混ぜ合わせ、それらを玄米の上にどさっと盛り、ゴマのふりかけをかけ、コリアンダーを添え、あっという間に完成。見た目も鮮やか、作っているそばから漂うゴマ油の香りが食欲をそそる。

フィッツロビアにある「AHI POKÉ」(3 Percy Street, London W1T 1DE)。ハワイのさわやかな空気が伝わってくる店構え。
早速フタを開けると、一番に相性抜群のゴマ油と醤油の香りが漂い、早くかきこんで食べたい衝動にかられる。一口目の印象は思っていた通り、醤油ベースのソースが新鮮なマグロに合わないわけがなく美味! さらに玄米とシャキシャキとした野菜の歯応えが、新鮮なマグロとの好相性も見せる。玄米がポロポロとしているので、ご飯物というよりサラダ丼といった感じだ。マグロのほかにサーモンやエビ、ベジタリアン向けのマッシュルームのポケもあり、ベースは玄米のほか、スーパー・フードの代表格ともいえるキヌアやケールもある。『次回はキヌアとサーモン!』と、すっかりポケファンになってしまった。  「ポケ」を提供するのは同店だけでなく、トレンディなレストランが立ち並ぶソーホーにもこの夏、日本産の抹茶や抹茶のデザートとポケが味わえるジャパニーズ・カフェ「Tombo Poké & Matcha Bar」(www.tombopoke.com)がオープンした。ポケの後に抹茶のデザートまで味わえるとは何て贅沢。健康オタクのロンドナーだけでなく、刺身好き、ハワイ好きの、多くの日本人のストライク・ゾーンにもはまりそうなポケ。一度その味を試してみては? )

(写真・文/ネイサン弘子)

 

 

2017年 03月 23日

2017年 03月 17日

2017年 03月 22日

2017年 03月 01日