logo
 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.993 7月20日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【ホリデー特集】夏に行きたいパブ13選
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら

思わず触れたくなる

ベルベット

■深い光沢が生む高級感で、古くからヨーロッパの王侯貴族に愛されてきたベルベット。今冬、そのどこか懐かしい風合いと、思わず触れたくなるような滑らかな質感に、ファッション界もインテリア界も夢中のようだ。

2016年10月27日 No.956


写真左:Zara Velvet Top 25.99ポンド
www.zara.com
写真右上:Zara Velvet Crossbody Bag 17.99ポンド
www.zara.com
写真右下:Gucci Princetown Velvet Slippers 530ポンド
www.selfridges.com

過去の遺物として忘れ去られようとしていたベルベットが、この冬大復活を遂げている。日本ではポルトガル語の「ビロード」の名でも呼ばれるこの布地の特徴は、密度の高いパイルの毛並みが生み出す独特の光沢と柔らかさ。その柔らかさゆえに縫製時にずれが生じやすく、高度な技術が必要とされるが、頑丈でパイル抜けが起こりづらいため、家具にも多用される。英国のカントリー・ハウスなどでベルベット張りの家具やカーテンを目にしたことのある読者も多いのではないだろうか。

ベルベットのレトロな風合いをそのままに生かしたミッドセンチュリー・スタイルのソファー「Scott」が人気商品となっているのは「made.com」。ベルベットに多く見られる色の深緑、灰色がかった青、少し日焼けしたようなオレンジのソファーは、部屋に温かみを与えてくれそう。高温多湿の日本では夏場に少々暑苦しい印象を与えるだろうが、夏でも過ごしやすいロンドンなら、一年中違和感なくインテリアに溶け込みそうだ。

コンテンポラリーでスッキリしたインテリアを得意とするショップ「danetti」の「Puzzle Velvet Cushion」はベルベットの起毛を生かし、キャンバス地にカラフルなパズル模様を描くことで、都会的なイメージに。部屋の中に手軽にアクセントを加えるのにピッタリ。

値段と色合いに目がくらみそうになるのは「Gucci」の「Princetown Velvet Slippers」。羊毛をあふれんばかりに贅沢に使用したライニング、革の靴底、同ブランドを象徴する「ホースビット・ディテール」の装飾金具が施されたイタリア製の高級スリッパには、かつて王族に愛されたベルベットらしいエレガントさが漂う。

「Gucci」よりもグンと買い求めやすいハイストリート系のブランド各社からは、体をしなやかに包み、動くたびに光を生むドレスやトップス、バッグや靴などのアクセサリーが数多く発売され、ショーウィンドウを冬色に演出している。


【A】:H&M Velvet Cap 7.99ポンド www2.hm.com
【B】:Topshop Mustard Velvet Trim Ankle Socks 3.50ポンド www.topshop.com
【C】:danetti Puzzle Velvet Cushion 29ポンド www.danetti.com
【D】:Urban Outfitters Crosley Cruiser Emerald Green Velvet Vinyl Record Player 100ポンド www.urbanoutfitters.com
【E】:made.com Scott 2 Seater Sofa, Grass Cotton Velvet 899ポンド www.made.com

この冬、ファッションに、インテリアに、ベルベットを活用し、その温もりに包まれてみては?(文/ネイサン弘子)

 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.993 7月20日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【ホリデー特集】夏に行きたいパブ13選
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら
無敵艦隊、壊滅への道

超大国スペインと弱小国イングランドの
『激突までの道のり(前編)』 『激突の瞬間(後編)』

写真で旅するロンドン @journey.london


2017年 07月 20日

2017年 07月 21日

2017年 07月 19日

2017年 06月 30日