logo
 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.993 7月20日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【ホリデー特集】夏に行きたいパブ13選
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら
写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

冬の夢の国「ウィンター・ワンダーランド」で遊んできた。

今年で10年目を迎え、すっかりロンドンの冬の定番となりつつあるハイド・パークのウィンター・ワンダーランドに行ってきました。

敷地内には、巨大観覧車やジェット・コースター、メリー・ゴーランドなど、わずか6週間のためだけに作られたとは思えない乗り物や芝居小屋などが充実! 絶叫マシーンに乗る人々の叫び声が響き渡っていて、寒い冬も吹っ飛んでしまいそうなほどにぎやかな雰囲気です。

↑マーブル・アーチ側の入り口からすぐの場所にあるのが、10年目となる今年に新登場を飾った「The Nutcracker on Ice」。氷上で繰り広げられる「くるみ割り人形」のストーリーを楽しむことができます(60分、チケット制)。

こちらはアイス・リンクへとつながる光のゲート「The Luminaires」。きれいなイルミネーションを前に、カメラを構える人、セルフィーを撮る人がたくさん見られました。

各アトラクションは、ギラギラとした光で彩られていてまぶしい!


そのほか、飲食スペースもたくさん。各所にロッジが設けられ、内部にはヒーターも設置してあるので、寒い冬でも心配なし。お決まりのモルド・ワイン、ソーセージのほか、ドイツ・ビール、中華屋台など。回転木馬ならぬ、回転バーもありました(酔うのではないかと心配ですが…)。

クリスマス・マーケットも立ち並び、お買い物派はこちらでプレゼントを物色するもの良し。入場は、マーブル・アーチ駅側と、ハイド・パーク・コーナー駅側の2ヵ所(これとは別にチケット保持者用のファスト・トラック・エントリーもあり)。オープンは毎日午前10時~午後10時。ぜひお楽しみを!(編集部C)

Winter Wonderland
ハイドパークにて/入場無料/2017年1月2日まで
 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.993 7月20日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【ホリデー特集】夏に行きたいパブ13選
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら
無敵艦隊、壊滅への道

超大国スペインと弱小国イングランドの
『激突までの道のり(前編)』 『激突の瞬間(後編)』

写真で旅するロンドン @journey.london


2017年 07月 20日

2017年 07月 21日

2017年 07月 19日

2017年 06月 30日