logo
 
写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

人気ブルワリーの姉妹パブ/英国パブ巡り04

2015年11月にオープンした「Camden’s Daughter」は、ロンドンの醸造所「カムデン・タウン・ブルワリー」の姉妹パブ(店名によると、正しくは「娘」)。ケンティッシュ・タウン駅から徒歩3分ほどの場所にあります。

13種類のビールが常にカウンター越しの壁に並んでいます。ラインアップはもちろんカムデン・タウン・ブルワリーのビール(ラガー、スタウト、Pale Ale、IPAなど)をメインに、他の醸造所のビールも2、3種類。 カムデン・タウン・ブルワリーといえば、創業者のJasper Cuppaidge氏が2006年にオープンしたハムステッドのパブ「The Horseshoe」の地下室でビール作りを行ったのは始まり。2010年にケンティッシュ・タウンに醸造所を構え、ロンドンのクラフト・ビール・ブームを牽引する存在となります。ところが2015年の年末、大手ビール会社「InBev(インベヴ)」が同ブルワリーを売却することが決まると、『独立系』『小規模醸造』を誇るロンドンのクラフト・ビール業界やファンからは批難する声もあがりました。

そういった事情はさておき、昼間はパソコンを持ち込んでビールを飲みながら一人の時間を楽しむ人も見られ、かなりのリラックス・ムードが漂っています。お一人様でも居心地は決して悪くありません。広めのテーブルも多いので、5、6人のグループでも問題なし。


バーカウンターにはドーナツが並び、コーヒーと合わせて楽しむ人も多いのだとか。日中はカフェ使いもできそう。もちろんバーガー(バンズ)のほか、ビール・スナック各種など、ビールのおつまみもあり。(編集部N)

Camden’s Daughter
289-291 Kentish Town Road, London NW5 2JS
 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.984 5月18日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら

2017年 05月 18日

2017年 05月 19日

2017年 05月 17日

2017年 04月 27日