logo
 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.989 6月22日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【特集】ごくウマ3選
「ピクニック・メニュー」のレシピ
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら
写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

「Gourmet Burger Kitchen」の新商品、チキン忍者って?

ロンドンを中心に多数店舗を構える、バーガー・チェーン店「Gourmet Burger Kitchen」。ニュージーランド出身の3人が、2001年にバタシーに第1号店をオープン。それ以降、着々と英国内に新店舗をオープンしています。そんな同店が、現在新商品として力を入れているのが「The Chicken Ninja」!? 店の前に立っている宣伝パネルを目にし、思わず立ち止まってしまいました。「チキン忍者」とは、一体どんなバーガー? 興味津々です。ランチの時間が近かったので、すぐさま入店して注文することにしました。

これが「The Chicken Ninja」の宣伝パネル。目の部分にハチマキを巻いた、折り紙で折られた鳥(?)のイラストが描かれています。そして「NUNCHUCK KING(ヌンチャク・キング)」の文字。忍者はヌンチャクを使わないと思いますが…。残念ながら、間違ったイメージを持たれているようです。書かれている材料を見ると、パン粉で揚げたチキン、カツカレー・ソース、コール・スローならぬ東京スロー、サラダ、ミソケチャップ、チャコール・バン。うーん、どんな味なのか想像できません。

筆者を「日本人」と見定めたからか(?)テーブルについた途端、男性スタッフに「The Chicken Ninjaはどう? おすすめだよ!」と笑顔で勧められました。もちろん「チキン忍者」をオーダー。余談ですが、ついでにスイートポテト・フライ(大好きなんです)とストロベリー&エルダーフラワー・フィズも注文してしまいました。

さて十数分後、テーブルに運ばれてきた「チキン忍者」とご対面。まず、その真っ黒なバンに仰天! チキンも大きい! バンから、かなりはみ出しています。そしてカレーの香りがほのかに漂います。お味はというと、チキンにかけられたカレーソース、東京スローのマヨネーズ、バンの内側に塗られたミソケチャップが、意外なことにケンカせずマッチ。東京スローにはジンジャーが少量加えられているのか、時折ピリッとした刺激があり、「東京はこんなイメージなのかなー」と不思議に思いながら完食しました。ちなみに今、ANAの協賛でスペシャル・キャンペーン「Win a trip to Ninja School in Japan」を開催中。ANAの往復フライト&ホテル付きの5泊、さらに上野にある伊賀の忍者学校に体験入学もできるとか!? 誰でも応募できるみたいですので、興味のある人は応募してみては? (編集部 ナカコ)

 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.989 6月22日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【特集】ごくウマ3選
「ピクニック・メニュー」のレシピ
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら
写真で旅するロンドン @journey.london


2017年 06月 22日

2017年 06月 23日

2017年 06月 21日

2017年 05月 26日