logo
 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.984 5月18日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら

警察署が募集した職に応募し、面接を受けに出向いたものの、飲酒運転の罪で逮捕されてしまったという珍事件があったことを「デイリー・メール」紙が報じた。
1月25日、アンドリュー・ジャクソン被告(48)は、マンチェスター警察のITマネジメント部門の面接を受けるために『出頭』。同被告が部屋に入るやいなや、アルコールの臭いがすることに面接官が気付いたという。面接官が「問題なくこちらまで来られましたか」と質問すると、彼は「駐車する場所を探すのに少し困りました」と、運転してきたことを認める答えを返した。
飲酒運転を疑った面接官はとりあえず面接を続行。1時間に及ぶ面接の後、席を外し同僚にどうすべきかアドバイスを求めたという。
飲酒について聞かれた男は「飲酒運転はしていない。昨晩妻とワインをボトル1本、シェアして飲んだだけ」と飲酒運転は否定。しかし呼気検査を行うと規定以上のアルコールが検出され、逮捕に至った。最終的に男性には1年の免許停止と235ポンドの罰金が科された。もちろん、面接で不合格だったことは言うまでもない…。

 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.984 5月18日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら

2017年 05月 18日

2017年 05月 19日

2017年 05月 17日

2017年 04月 27日