logo
 

英国産のベリー類(サマー・フルーツとも呼ばれる)の季節といえば、一般的に5月1日から9月末とされている。しかし、今年の冬は(天気が良かったという記憶はまったくないが)、気温に関しては比較的温暖だったおかげで、英国産のストロベリーが2ヵ月近くも早く、今週からテスコ、マークス&スペンサーなど一部のスーパーの陳列棚に登場していることを「デイリー・テレグラフ」紙が伝えている。
ベリー類の生産者からなる団体「British Summer Fruits」によると、近年、コンピューター制御で温度調節を行う温室栽培の技術も発達。25年前は、ストロベリーの季節といえばわずか6週間だったが、今や9ヵ月という長期間に及ぼうとしているという。また、イングランド南部のケントやサセックス、ウェールズだけでなく、イングランド北部のランカシャーやスコットランドでも、ベリー類の栽培が行われるようになっている。
テスコのストロベリー買い付け担当者は「春はもうすぐ」と話している。
ホントかな…。

 

2017年 03月 23日

2017年 03月 17日

2017年 03月 22日

2017年 03月 01日