logo
 

英国の都市部では渋滞が深刻な問題となっており、運転手は年間平均32時間も渋滞のなか、忍耐を強いられていることが渋滞情報管理会社「Inrix」の調査により明らかになった。「デイリー・テレグラフ」紙が伝えた。
英国はロシア、トルコに次ぎ、ヨーロッパで3番目に渋滞のひどい国であることが判明。この5年でオンライン・ショッピングの利用が激増し、商品を配達するバンが増加したことが渋滞状況の悪化を招いていると指摘されている。
特にロンドンは、世界の1000余りの都市の中で渋滞の多い場所としてワースト7位に入っている。英国内では、次に渋滞が多いのはマンチェスター、アバディーン(スコットランド)、バーミンガム、エディンバラ(スコットランド)と続く。
昨秋、英国政府は渋滞を緩和させるための交通計画として新たに13億ポンドを投資すると発表した。早急な成果を誰もが願っているに違いないが、そうそう簡単にいくものかどうか…。

 

2017年 03月 23日

2017年 03月 17日

2017年 03月 22日

2017年 03月 01日