logo
 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.989 6月22日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【特集】ごくウマ3選
「ピクニック・メニュー」のレシピ
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら

英国でも深刻な問題としてとらえられている家庭内暴力だが、これに取り組むための現在の法律が機能していない地域もあるとし、メイ英首相は新しい法律を含めた計画「Domestic Violence and Abuse Act」を発表した。「BBC」が報じた。
「家庭内暴力は、時には人生を終わらせてしまうこともある、残酷な犯罪。何千人もの人が暴力に苦しんでおり、その多くが孤立した人たちであることは間違いない。その状況から脱するための選択肢や支援が存在することに気づけていないケースも少なくない」と、メイ首相は強い懸念を示した。計画の具体的な内容は明らかにされていないが、専門家にアドバイスを求めながら、被害者へのより有効な救済を実現する新法を制定することを目指すとされている。
イングランド&ウェールズにおける家庭内暴力は年間180万件にも上るとされる。被害者は女性が120万人、男性が65万1000人。79%の人が警察に届け出ておらず、裁判に至ったのは10万件にとどまる。
被害者の1人、サラさん(仮名)はBBCに現在抱えている状況を語った。
「数ヵ月しか付き合っていない人との間に子どもを授かりました。彼は子どもを望んでいなかったけど、私は生みたかった。出産後、彼は私につらく当たるようになりました。2回私を殺そうとして、プールで溺れさせられた。その時は警察に行かなかった。でも去年、彼に子供の親権をとられたのをきっかけに、警察へ行った。子供のことが本当に心配だったから。警察に6回も話をしたけれど相手にしてくれなかった。彼はほかの人や警察の前ではいい人のように振る舞い、私について嘘をつき、皆それを信じたのよ。今私は彼を個人的に起訴するためにお金を貯めています」。
被害者を守るシステムを整備するには、資金面での見直しが不可欠だという指摘も出ている。こうしている今も、誰かが血や涙を流しているだけに、迅速な対応が切に望まれる。

 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.989 6月22日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【特集】ごくウマ3選
「ピクニック・メニュー」のレシピ
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら
写真で旅するロンドン @journey.london


2017年 06月 22日

2017年 06月 23日

2017年 06月 21日

2017年 05月 26日